株式会社クリア・アライド・コンサルティング

企業再生の流れ

まずは、
あなたの会社の現状をお聞きするところから始まります。

企業再生が必要な企業は
資金繰りが厳しいケースが多いですので、その場合には、
まずどうすれば事業に集中できる環境が作れるのかということも考えながらお話をお聞きしていきます。

そして、企業再生の流れは、以下のような流れになります。

企業再生の具体的な流れ

ご契約前(無料)

会社状況についてヒアリング・財務諸表や資金繰り表等の確認

貴社が現状をどう考えられているのか、また何に一番困っておられるのか、今後どうしていきたいと考えられているのか、そういったことを聞かせていただきます。そして、損益の状況や資産や負債の状況、資金繰りの状況などについても確認をさせていただきます。

再生診断

貴社の状況についてヒアリングさせていただいた結果と、各種資料を確認させていただいた結果によって、貴社の再生可能性を判断させていただきます。また、この際、私的再生がふさわしいのか、法的再生がふさわしいのか、そういったことについても判断をさせていただきます。

私的再生・法的再生の選択

金融機関だけを巻き込んで再生していく私的再生がふさわしいのか、
仕入先などの商亊債権者も巻き込んで再生していく法的再生がふさわしいのか、
どちらがいいのかという選択を行います。

※私的再生の場合以下へ、法的再生の場合民事再生等の法的手続きへ

私的再生の場合は以下、再生支援のスタート

法的再生の場合民事再生等の法的手続きへ

ご契約後(有料)

再生支援のスタート(事業調査・財務調査・法務関係の調査)

再生に向けて本格的に取り組むと決めた場合、詳細な事業調査や財務調査、法務調査などを行い、あなたの会社の詳細な現状調査を行っていきます。これらの調査によってあなたの会社の置かれた現状を正確に把握し、今後どのような方向性で再生に取り組んでいけばいいのかを判断していきます。

再生スキームの検討

各種の調査の結果、どのような事業改善を行っていくのか、またどのような金融支援を受けることが最適であるのか、さらに子会社や関連会社がある場合、それらの会社の合併や切り離しなど、グループの組織再編などについても判断していきます。そして、企業再生が実現できるスキームの全体像を決定していきます。

(スポンサー探し)

再生スキームを決定した結果、スポンサーへの事業譲渡や会社分割が最適であるという判断が出た場合、スポンサーとなりうる企業を探すことになります。貴社や金融機関などから候補企業のヒアリングを行うとともに弊社でも独自にスポンサー候補企業を探してまいります。

再生計画の作成

再生スキームが固まり再生が可能と判断されれば、具体的な再生計画の作成に着手していきます。この際、金融機関などの債権者にしっかりと理解してもらえるように必要な事項を漏れなく織り込んでいくことが重要になります。通常は、再生計画は数十ページ程度は必要となります。

金融機関(債権者)への説明(スポンサーとの交渉)

通常は、バンクミーティングという形式によって金融機関に対し再生計画を説明していくことになります。ただし、再生計画は貴社自身のものであるため、この説明は貴社自身で行っていただく必要があります。弊社ではバンクミーティングの進め方などについて事前に細かくアドバイスをさせていただきます。

金融機関(債権者)の同意

私的再生の場合、再生計画に対して金融機関の全行同意が必要となります。もし、再生計画に対して意見や質問が出た場合には、それらへの対応を丁寧に行い、全行同意を得ていく必要があります。その必要が生じた場合、弊社がその対応を丁寧にサポートさせていただきます。

再生計画の実行(M&Aなどの実行含む)

金融機関から全行同意が得られれば、再生計画に記載している事項を実行していくことになります。この時、組織再編や事業譲渡などが再生スキームに入っている場合、それらを実行していくことになります。また、このタイミングでリスケジュールなどの金融支援も受けていくことになります。

再生計画の実行状況の確認

収益改善策の実行状況はどうなっているのか、また組織再編や事業譲渡などが適切に行われたのかなど、再生計画の実行状況をモニタリングしていくことになります。もし、この時再生計画とのかい離があるようであれば、その対策を考え、実行していくことになります。

企業再生に関するお悩みなど、お気軽にご相談ください 電話番号:06-6353-5575 受付時間 9:00~18:00(土日祝定休) メールでのお問い合わせはこちら

ページのTOPへ width=